河村壮志が再認識するコショウの重要性について


昔は、香辛料は金と同程度の重さで取引されていたそうです。
河村壮志には想像も出来ない世界です。

私たちが普段食している香辛料のひとつ、
コショウ(※黒コショウ、ブラックペッパーとも)は輸入品です。
他、白コショウ、青コショウ、
赤コショウ(※トウガラシとは異なる)などがあります。
ちなみに、柚子コショウは柚子とトウガラシです。
これらのコショウは、東南アジアや南米などを中心に
栽培されているものを日本に輸出されています。
このコショウですが、
実はここ10年で価格が4.6倍にも膨れ上がったそうです。
河村壮志としては、
そこまで価格が高くなったイメージは全くありませんので、
何かしらの企業努力がされているのかもしれませんね。

コショウが高騰している背景にはいくつかの要因があるそうです。
1つ目はコショウの需要が世界的に増加したから。
今までは、日本を含む極一部の国が購入していましたが、
コショウの価値に気付いた国(中国やインドなど)が
急増したことにより、コショウの価値が一気に高くなった背景があります。
また、生産者の環境の変化もあり、
より価格が高いところへの販売が可能になったそうです。
他にも、円安も原因として挙げられます。

コショウはとても重要な調味料のひとつです。
塩コショウですが、河村壮志は野菜炒めなどによく利用しています。
醤油ラーメンにも欠かせませんね。
さっき食べてきました。
また、薬用の成分も期待でき、
ダイエットやアンチエイジングにもコショウが使われているそうです。
コショウの価値の高さを、河村壮志は改めて認識したところです。